2017.09 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫ 2017.11

--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  | Top↑

2005.11.05 セカンドオピニオン当日♪

昨日はビバ夫の会社の方に招待してもらって
飲みに行って来ましたビバ子です
11/5の基礎体温【36.87】度。風邪気味なんでしょうか?
高温期か低温期か不明。周期15日目

さて、昨日のエントリーの続きです。
注)今回もすごく長いです!

10/31にずっとお世話になっていた主治医の先生から紹介状を頂き、11/1に実家の近くにある医療センターへ行って来ました。


More...


11/1(火)
いよいよセカンドオピニオン当日です。

私の実家の近くにある病院なのですが、およそ700床の高度総合医療施設でとても大きな病院です。敷居が高いイメージがあるのですが、ビバ父も何度も入院しているますし、私もバイクで怪我したときにお世話になったのでとても馴染みのある病院なのです。

この病院は、セカンドオピニオン外来という専門の科を立ち上げていて、セカンドオピニオンを希望する患者を完全予約で受け入れ、時間無制限で専門医に相談できるようなシステムになっています。
勿論、診療行為ではありませんから、時間に応じて金額が決まっています。最初の30分で10,500円、以後30分経過ごとに5,250円。←高いって思いますよね
でも、別の病院で一から診察してもらったりすると、時間もお金も費やしてしまうことになります。
私としては、今までの検査結果とMRI画像を持参するだけで、その場で一般的な診断を聞けるのなら・・・と思い受診を決意しました。
そして、今まで受診していた病院と同じ見解ならば、ここの病院に転院しようとも思っていました。

・・・
今気付いたのですが、私って
前置きが長いですね
いつも長々とすいません~

さて、気をとりなおして。

9時からのセカンドオピニオンの予約を取っていたので9時前に受付を済ませ、婦人科外来待合室で待つこと25分(何故に!?)
やっと診察室に呼ばれ、中に入りました。
やさしそうな笑顔の男の先生が椅子に座っておられて、お互い名前名乗り挨拶をしました。
セカンドオピニオンを受けるにあたっての説明や私の体の状態に関する問診や私の意志の確認をして、いよいよ先生の話を聞くことに・・・

主治医の先生からの紹介状に書かれている内容と画像を見ながら、先生なりの判断を話してくれました。

「これらの検査結果から見て、やはり主治医の先生が言われている通り、卵巣が腫れているのは子宮内膜症であると思われます。
大きさ(6×4㌢)的に手術をするかしないかの微妙なラインなんですが、子宮内膜症の患者の大半は不妊症を併発している可能性が大きいのです。あなたの場合、妊娠を望んでいるので、主治医の先生は手術をしてお腹の中をきれいな状態にして、妊娠しやすい体にしたほうがベストなんだと判断されたのだと思います。」


うんうん頷きながら
「それに関しては私もそう思います。手術はしてもらいたいし、今の状況での薬剤療法は望んでいません。
ただ、気がかりなのは手術療法の方法なのです。主治医の先生は開腹術になるとおっしゃったのですが・・・」


「そうですね。現在腹腔鏡手術で内膜症の手術をするのが主流といわれていますが、現実は安全な腹腔鏡術をおこなえる医師は少数なのです。視野が限られた手術法なので癒着を取りきれない場合や病巣を取り残してしまったりする場合もあるし、技量の無い医師が腹腔鏡術を行うことで結局術中に開腹に切り替わってしまうことがあるのです。医師によっては開腹に切り替えず、不完全なままで手術を終えてしまい、早期再発となるケースも無くはないのです。」

「そうなんですか~
不完全なままで手術を終えるなんて・・・
そんなのヤダなぁ~

「あなたの主治医の先生はご自分の技量を分かった上であなたに対して安全で誠意を持った治療をおこなおうとしてらっしゃるのが良く分かります。
どうしても腹腔鏡を望むなら、主治医の先生はあなたの為を思い、腹腔鏡を得意としている先生を快く紹介してくれるでしょう。ただ、その紹介された病院で腹腔鏡の手術をしたからといって、その先生が誠意を持って接してくれるかどうかは分かりません。
どちらにせよ、主治医の先生としっかり相談して決めたほうがいいと思います」


「私もそんなに腹腔鏡にこだわっているわけでは無いのです。主治医の先生にはとても良くして頂いてるのですが、できれば実家も近いこちらの病院への転院を望んでいるのです。ですから、今日、先生の話を聞いて主治医の先生と同じ見解ならばこちらへ転院したいと思っているのです。もし、私がここの病院に転院してきたとして手術するなら、先生はどの手術法になさいますか?」

「私なら開腹術にします!」←キッパリ

「そうですか
この時、他の先生からも”開腹”と言われたことで、やっぱりそうなんだという安心感が生まれた気がします。

「腹腔鏡にしてくれといわれればそうできますが、少しでも不安があれば術中に開腹にする可能性も十分に考えられます。私も技量に確たる自信を持っていないので、あなたの状況や心理を考えるとはじめから開腹術を選択すると思います。
何度も言うようですが、あなたの主治医の先生はあなたに対してとても誠意を持った診察をしてくださっています。あなたがこの街に転院しようとしている第一の理由は、家族が通いやすいからとか実家に近いからということではないですか?この街からあなたが通っている病院へはバスを使えば1時間もかからず通えるところです。そんなに遠くはないと思いますよ。自分の体を安心して任せられる病院を選ぶことを第一に選ぶことが大事だと思います。」


このときハッとしました。
私が最初から診療してもらっている病院に対して嫌に思うことは一度も無かったし、むしろ先生にはとても良くしていただきました。主治医の先生が嫌で転院したい訳ではないのです。私が一番に転院の理由にしているのは先生の言うとおり「実家が近く、母が通いやすい所」だったのです。
私の心境や環境のことをちゃんと考えて治療してくださる先生に出会い納得のいく治療をしてもらいたい。
結局私の中の第一条件は、手術法でも病院の場所なのではなく、このことにあるのだと気付きました。

セカンドオピニオンの最後に先生はこうおっしゃいました。

「あなたは今日、私と話をして、きっとスッキリしていないと思います。でも、あなたの体のことです。この病気を治療するにあたり、何を望んでいるのか、治療した先に何を望んでいるのかをしっかり自分自身で悩んで今後のあらゆる選択をしていってください。
私の一般的な見解もその手助けになれば幸いと思っています。


病院から家に帰り、両親に内容を話しました。
母は
「病院の場所なんてどこでもいいんだからね、母さんはどこだろうとかまわないし、ビバ子自身が一番安心できる病院でお任せするのが母さんも安心
といってくれました。

ビバ夫も私の母と意見は同じでした。

なんだか、私自身も最初からかかっている病院で手術するべきなのかな~って思いはじめています。
次に主治医の先生と話できるのは11日です。
あと約一週間あるのですが、しっかり悩んで、自分が一番どうしたいか・・・という方向を定めて、主治医の先生と話してみようと思います。

ただが手術でここまで大袈裟に悩むなんて・・・と思う方も居るかと思いますよね・・・
でも私にとっては母になるための大事な部分を治療する大事な手術なのです。
これからもいっぱ悩んでいっぱい泣くかもしれないけど、こうなったらビバ子はトコトン
頑張からねっ!

今回も長いエントリーとなりましたが
お付き合いくださってありがとうね
スポンサーサイト
☆病気に負けるな☆  | Comment(9) | Trackback(0) | Top↑

Comment

お疲れ様でした!
前置き長くないよ~。
むしろ私の方がいつも長い。。。

たかが手術、されど手術。
手術をするってことは大変なことだし
他でもない自分のことだから
時間をかけてゆっくり考えて良いと思います。
それにここはビバ子ちゃんのブログだもん、
好きに書いちゃって良いじゃないi-80

「ここに通いたい」

そう思える病院・先生に出会えるのは
凄く素敵なことだと思います。
納得できる結論を選択してください
(今回の先生も良い方で羨ましい!)。
あみ |  2005.11.06 Sun 06:44 | URL |  Edit
うんうん・・そうだね
ビバ子さんが一番と感じることを選択したほいがいいと思う。
はじめて行って、そういう気持ちの良い先生に会えるのってなかなかないとおもうし。
自分の感じた気持ちがいちばん!
開腹手術も、その先生ならばきっと正確にビバ子さんの不安のないように一生懸命してくれるような気がします。
アタシも妊娠初期に「あそこはいいよ」って評判のよいとこへいったのに、すごく自分的には嫌で、病院かえた事あります。
感じ悪い院長と看護婦でさっ!プンプン・・・
あう、あわない・・って人間だからあると思うのね。だから、本当にこの先生なら任せてもいいな・・って思うとこの方が絶対いいと思うな。
瑠璃雀 |  2005.11.06 Sun 16:15 | URL |  Edit
レスでーっす☆
あみさんへ
書いた後で気付いたんですけど、前置きより後の本文がめっちゃ長かったですわ・・・i-229
そうだよね、自分の手術だもんね。しっかり考えて結論を出そうって思います。
立て続けにいい先生に出会えてるのですごくラッキーですよね♪ありがたや・・・


瑠璃雀さんへ
周りの人の評判と、自分が直に接してみて感じるのとは違うことがありますよね・・・
私も、私の為に一生懸命手術してくれる先生にお任せするんが一番だと思います。
となると、やっぱり今の主治医の先生にお任せすることに・・・なるのかなぁ~?
ビバ子 |  2005.11.06 Sun 21:41 | URL |  Edit
たかが手術じゃないですよ~!
私ももしビバ子さんの立場なら、同じようにセカンドオピニオンを受けたり、ネットで色々調べたり、すんごく悩むと思う!!
今までの先生もとても良い先生のようだし、セカンドオピニオンの先生もしっかりしてますよね・・(高いけどi-201

ビバ子さんが信頼出来る先生にお願いするのが1番です・・大事な体を預けるんだもの!
あとビバ子さんの文章、全然長く感じないですよ♪
しっかり治したら、きっと赤ちゃんが待ってますよ☆

ままこ |  2005.11.06 Sun 22:19 | URL |  Edit
私も、「たかが手術」では全然ないと思います!!セカンドオピニオンの先生が仰っている通り、腹膜鏡は確かにまだまだ日本では難しいのです。実際、手術中に事故が起きたなんてニュースも聞いたことがあるし、大げさかもしれないけど、私はお腹を切ってもらうということは、命を預けることと同じだ!と思って、手術前は納得いくまでいろいろ調べたものです。。
その結果、心から信頼できる先生に出会えたおかげで、手術も安心して受けられたのです。
主治医の先生、本当に信頼できるよい先生だと思いますよ(^v^) 確かに開腹のほうが負担は大きいけれど、なんていったってカメラでなく、お腹を開けて実際に見てキレイにしてくれるわけですから・・効果は期待できますよ!!
まーすけ |  2005.11.06 Sun 23:50 | URL |  Edit
訂正
皆さんのご意見を見て、やっぱり誤解を与えるかもと思い訂正させて下さい。
私も勿論「たかが手術じゃないよ!」と言いたかったのだけど…。
一応手術経験者だし(ビバ子ちゃんのとは違うけど)、
その大変さはわかっているつもりです
(ごめんね、いつも言葉足りなくてi-241)。

悩むのも勿論必要。
自分の身体だもん、とことん納得がいくまで。
でもこのままいけば、きっと信頼できる先生の元で手術受けられそうだね。
あみ |  2005.11.07 Mon 04:31 | URL |  Edit
レスでーっす♪
ままこさんへ
セカンドオピニオン高かったっすv-406
でもその代償として、「安心」をもらったと思います。行ってよかった♪
文章長く感じないって言ってくれてありがとう~!
簡潔にまとめることができないので、いつもだらだらと書いてしまうのです・・・v-388


まーすけさんへ
そうだよね^^主治医の先生になら、聞きにくい事でも何でも相談できそうなんです!そうゆう先生ってなかなか居ないですよね!
心のどっかには腹腔鏡で手術してほしいって気持ちがあるんだけど、主治医の先生にお願いしたいって気持ちのほうが大きくなってきているのです。


あみさんへ
大丈夫!!誤解なんてしてないですよv-398
言葉も足りてますよ~!いつも励まされてるもん♪
私が言いたいのも「たかが手術、されど手術。」なんです!結局自分のことは自分で決めるしかないもんねv-410
ビバ子 |  2005.11.07 Mon 11:08 | URL |  Edit
さすが
セカンドオピニオン外来って銘打つだけあって、担当してくださった先生の対応には、私まで感心しちゃったよ。医師に必要なのは、知識や技量もさることながら、誠実さや患者を第一に思う気持ちだよね。
ビバ子ちゃんは、今回の面談で色々と感じる事があったと思うし、時間を掛けてジックリと考えて悩んで、答えを見つけてね。
catherine |  2005.11.07 Mon 12:32 | URL |  Edit
レスでーす♪
catherinさんへ
セカンドオピニオンでは医師の技術的なことを検証するだけでなく、患者にとって誠意を持って診察しているか・・・というところまでちゃんと見てくれているんだなぁって思ったよ!高いだけありましたv-389
ビバ夫とも話ししてきたし、11日にもう一度主治医の先生と話してみて決めようと思います☆
ビバ子 |  2005.11.07 Mon 22:11 | URL |  Edit

Comment Post

URL :
Comment :
Pass:  
Secret:   秘密にする
 

Trackback

Trackback URL

 | Home | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。